(地中海フォルメンテーラ島)

 

 

ボサノバのかかってるレストランがしたくて、大阪あべの、辻調理師専門学校へ。

その後、フランス料理に憧れて、同フランス校へ。

そして夏休みに訪れたスペインにはまる。

レストランを創めて数年はあまり創作的な料理には興味が無かったが、
”エル・ラコ・デーカン・ファベス”というレストランに出会い、自分は何をしてるのだろうと反省する。

”エル・ブジ”で悩む。”サン・パウ”は目標とするレストラン。

彼らのレベルまで少しでも近づきたい。まだまだ修行中。

梶原精二